当システム
  詳細検索
Japanese | English 

Nara Women's University Digital Information Repository > 110 科学研究費補助金研究成果報告書 > 2008年度(平成20年度) > 19世紀フランス小説における女性とセクシュアリティと子供像 >

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズ形式
BA89843783pp0_1-2.pdf170.67 kBAdobe PDF見る/開く
タイトル: [19世紀フランス小説における女性とセクシュアリティと子供像 はじめに,研究概要他]
著者: 高岡, 尚子 link image
著者(別表記) : Takaoka, Naoko
著者読み: たかおか, なおこ
キーワード: フランス文学; 文学一般; ジェンダー論; 女性学; ジョルジュ・サンド19世紀小説
発行日: 2009年 3月
出版者: 高岡尚子
引用: 19世紀フランス小説における女性とセクシュアリティと子供像
シリーズ/レポート番号: 平成18年度-平成20年度科学研究費補助金基盤研究(C)研究成果報告書; 18520205
抄録: 本研究は、19世紀フランス小説において、従来あまり注目されていなかった「子供像」が、文学表象としてどのように扱われているかを検討し、そこから得られる結果を元に、女性とセクシュアリティ(恋愛・結婚・生殖等の事象を含む)の関係を明らかにすることを目的としている。この手法およびそこから得られる結果を有効なものとするためには、まず、19世紀フランス文学が描きえた「子供像」についての、できるだけ多くのサンプルが必要となる。また、女性とセクシュアリティに関しては、19世紀フランスにおいて、女性がどのように位置づけられていたかを、当時の衛生学・医学・社会学的見地などを活用し、さまざまな角度から検討しなければならない。と同時に、そうしたあり方を、現代の文学理論を応用しながら再検討し、新たな分析視点を提示することが必要である。この目的を達成するため、研究実施初年度にあたる平成18年度は研究の基礎段階と位置付け、以下の3項目の課題に取り組み成果を得た。 1、資料収集の収集と分析:本研究を実施するためには、19世紀フランス社会を読み解くための基礎資料(辞典・事典を含む)、作品、現代の研究成果におよぶ相当の資料が必要となる。平成18年度は特に、19世紀に出版された基礎資料、および、女性とセクシュアリティ、子供に関する現代フランスの研究結果を収集し、分析を行った。 2、19世紀フランス小説にあらわれる「子供像」の収集:ジョルジュ・サンドの作品を中心に、19世紀フランスの作家が描いた子供像を収集した。 3、文学理論の応用と実践:本研究の実施に際し、特に「身体論」や「ジェンダー理論」は大きな助けとなると考え、この分野についての研究成果をふまえ、実際にいくつかの作品を分析することを行った。この結果は、次年度以降の分析手法の基礎と位置づけられる。
URI: http://hdl.handle.net/10935/1074
出現コレクション:19世紀フランス小説における女性とセクシュアリティと子供像

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10935/1074

当システムに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください