当システム
  詳細検索
Japanese | English 

Nara Women's University Digital Information Repository > 110 科学研究費補助金研究成果報告書 > 2005年度(平成17年度) > 空間・場所をめぐる諸権力の解明-沖縄を事例としたフェミニスト分析から- >

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズ形式
04_06_02.pdf1.92 MBAdobe PDF見る/開く
タイトル: 地理学におけるジェンダー研究-空間に潜むジェンダー関係への着目-
著者: 吉田, 容子 link image
著者(別表記) : Yoshida, Yoko
著者読み: よしだ, ようこ
キーワード: ジェンダー研究; ジェンダー関係; 空間; 男性中心主義; gender study; gender relations; space; masculinism
発行日: 2006年 3月
出版者: [吉田容子]
引用: 空間・場所をめぐる諸権力の解明-沖縄を事例としたフェミニスト分析から-, pp.34-44
シリーズ/レポート番号: 平成15年度-平成17年度科学研究費補助金[基盤研究(B)]研究成果報告書; 15320118
抄録: 男性による女性支配システムの構造解明や、そこに発生する権力関係のあぶり出しを目指すジェンダー研究は、いまや多様な学問領域に浸透している。地理学においても、1970年代に入ると、英語圏の女性研究者たちの間から、従来の地理学研究が男性中心主義に偏ったものであるとする批判がなされるとともに、空間に刻まれた男女の非対称の権力関係、すなわちジェンダー関係をあぶり出す作業が行われるようになった。本稿ではまず、英語圏を中心としたジェンダー研究の展開を整理する。次に、日本の地理学におけるこの方面の研究をもとに、これまでの到達点を明らかにする。さらに、個人レベルの男女間に潜む権力関係に着目し、それがより大きな権力関係へと転化され空間に刻まれ、そして、またそれが、空間に映し出されていることを示すため、二つの事例をあげる。一つは、大都市圏郊外につくられた「監視空間」ともいうべき住宅地におけるジェンダー関係であり、もう一つは、1950年代に軍事基地の建設が本格化した沖縄で、米兵相手につくられた特飲街にみられるジェンダー関係である。
URI: http://hdl.handle.net/10935/110
出現コレクション:空間・場所をめぐる諸権力の解明-沖縄を事例としたフェミニスト分析から-

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10935/110

当システムに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください