当システム
  詳細検索
Japanese | English 

Nara Women's University Digital Information Repository > 040 大学院人間文化研究科 > 人間文化研究科年報 > 第24号 >

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズ形式
AN10065983vol24pp15-25.pdf1.08 MBAdobe PDF見る/開く
タイトル: 胡適の結婚と母
その他のタイトル: HuShi's Marriage and his Mother; 胡适的結婚和他的母亲
著者: 羽田, 朝子
著者(別表記) : Haneda, Asako
著者読み: はねだ, あさこ
キーワード: 胡適; 母
発行日: 2009年 3月31日
出版者: 奈良女子大学大学院人間文化研究科
引用: 人間文化研究科年報, Vol.24, pp.15-25
抄録: 中国现代新文化运动的中心人物胡适在《新青年》上发表了一系列的有关女性解放和自由恋爱的文章。但是正在他全力以付推进家庭革命的时候,却接受母亲之命,结成了旧式的婚姻。新娘江冬秀是一位没有受过教育的、自幼缠足的女性。这件事情的背后隐藏着胡适对母亲的内心斗争。  胡适的母亲16岁时嫁给比她大32岁的胡传,23岁时就当了寡妇。胡传有前妻生的五个子女,他们的年龄跟她差不多。她在大家庭里她吃了不少苦,在无依无靠的情况下抚养胡适。胡适和他母亲之间的感情很深,他母亲无论家里家外都被称为贤母,胡适一生都对她抱着尊敬之念。胡适在美国留学的时候认识了一位美国女性,通过跟她的交流,胡适的女性观大大改变。但因为他不能硬着心肠来违背母亲,只好回国举办了旧式婚礼。然后胡适在母亲的面前掩饰对婚姻及妻子的不满,反而在理论上强烈地主张废除封建家庭制,提倡自由恋爱和女性解放。      
URI: http://hdl.handle.net/10935/1101
出現コレクション:第24号

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10935/1101

当システムに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください