当システム
  詳細検索
Japanese | English 

Nara Women's University Digital Information Repository > 040 大学院人間文化研究科 > 人間文化研究科年報 > 第24号 >

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズ形式
AN10065983vol24pp37-50.pdf955 kBAdobe PDF見る/開く
タイトル: 日本語の「心」に関する慣用表現の意味分析‐「気」を含む慣用表現との対比を通じて‐
その他のタイトル: The Contrast between "Kokoro” and "Ki” - An Analysis of Meaning on Japanese Idiomatic Phrases; 日語中「心」的惯用表現之語意分析 -興「気」的惯用表現做對照研究-
著者: 王, 珍妮
著者(別表記) : Wang, Jenny
著者読み: おう, ちんに
キーワード: 気; 心; 意味分析
発行日: 2009年 3月31日
出版者: 奈良女子大学大学院人間文化研究科
引用: 人間文化研究科年報, Vol.24, pp.37-50
抄録: 筆者前稿針對日語中「気」的慣用句做了語意分析探討,研究結果顯示;「気」的憤用表現中語意與情緒、注意力、意志、精神等,人內心的狀態和變化有很大的關連,並且具有消極和負面語意的擴張現象。基於此一結果本稿進一步探討「心」和「気」兩字在後面接相同的格助詞和活用語時,慣用表現的語意上有何異同做對照研究。結論是「心」和「気」的慣用表現在語意上的相同點很少,相異點是日語的現代語中「心」的名詞慣用表現幾乎不被使用,但是日語的古語中卻存在許多「心」的名詞表現。其次是「心」字當作詞頭,無論在古語中或現代語中都形成許多複合形容詞。並且〔心+が+形容詞〕不像〔気+が+形容詞〕那檬具有豐富的自由變形力及造語力。另外在〔心/に/を/が+動詞〕的慣用結構中,「心」字可以代換成其他字,具有多元的類似表達,這是「気」的動詞慣用句所沒有的特點。同時發現「心」的慣用表現多與主體的主觀精神狀態的語意有關,負面語意並不多,並不具有「気」的慣用表現那樣負面語意的擴張現象。
URI: http://hdl.handle.net/10935/1103
出現コレクション:第24号

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10935/1103

当システムに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください