当システム
  詳細検索
Japanese | English 

Nara Women's University Digital Information Repository > 010 文学部 > 社会学論集 > 12号 >

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズ形式
13_12_06.pdf3.93 MBAdobe PDF見る/開く
タイトル: 事件・シンボル・制度 -法隆寺金堂壁画焼損と「文化財」の文化社会学-
著者: 小川, 伸彦 link image
著者(別表記) : Ogawa, Nobuhiko
著者読み: おがわ, のぶひこ
キーワード: Durkheimian theory of symbols; disastrous event; law; cultural heritage; Horyuji-temple; デュルケームシンボル論; 焼損; 火災; 文化財保護法; 文化財; 法隆寺
発行日: 2005年 3月 1日
出版者: 奈良女子大学社会学研究会
引用: 奈良女子大学社会学論集, 12号, pp.115-138
抄録: Clarification of the sociological of the connection between a disastrous event and the invention of a new institution, that is, between the loss of the ancient wall paintings of Horyji-temple by fire in 1949 and the enactment of the Law for the Protection of Cultural Properties in 1950
URI: http://hdl.handle.net/10935/141
ISSN: 1340-4032
出現コレクション:12号

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10935/141

当システムに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください