当システム
  詳細検索
Japanese | English 

Nara Women's University Digital Information Repository > 095 古代学学術研究センター > 21世紀COEプログラム報告集 > Vol.15 古代文化とその諸相 >

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズ形式
BA83915702p226-201.pdf本文4.29 MBAdobe PDF見る/開く
BA83915702p9_2.pdf英文要約131.15 kBAdobe PDF見る/開く
タイトル: 請暇不参解の表現 -桑内真公の請暇解と不参解
その他のタイトル: Expressions for Application for leave and Notice of Absence : By Kuwauchi Magimi
著者: 桑原, 祐子 link image
著者(別表記) : Kuwabara, Yuko
著者読み: くわばら, ゆうこ
キーワード: 正倉院文書; 請暇不参解; 日本語的表現; 桑内真公
発行日: 2007年 8月31日
出版者: 奈良女子大学21世紀COEプログラム 古代日本形成の特質解明の研究教育拠点
引用: 古代文化とその諸相, p.9, p.226-201
シリーズ/レポート番号: 古代日本形成の特質解明の研究教育拠点COE for Research and characteristics of Ancient Japan 奈良女子大学21世紀COEプログラム報告集; Vol.15
抄録: There remain 238 applications for leave and notice of absence by shakyosei (sutra-copying officials) at the shakyosyo (the sutra-copying office) in shosoin documents. This paper, centering particulary on those by Kuwauchi, Magimi(桑内真公), examines expressions in the documents and his service on their submission. It draws concrete examples of expressions deviating from prefabricated phrases and considers factors affecting these expressions. It reveals as a result that these unusual expressions clearly exemplify aspects peculiar to the Japanese language, for example, honorific expressions with modesty and indefinite statements. This paper also highlights anotable difference between applications for leave and notices of absence in terms of their functions, focusing on the Kuwauchi's state of affairs on each document and their expressions.
記述: P.9に英文の要約あり。
URI: http://hdl.handle.net/10935/1429
出現コレクション:Vol.15 古代文化とその諸相

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10935/1429

当システムに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください