当システム
  詳細検索
Japanese | English 

Nara Women's University Digital Information Repository > 095 古代学学術研究センター > 21世紀COEプログラム報告集 > Vol.15 古代文化とその諸相 >

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズ形式
BA83915702p168_151.pdf本文3.94 MBAdobe PDF見る/開く
BA83915702p8sakaguchi.pdf英文要約124.27 kBAdobe PDF見る/開く
タイトル: 『古事記』神々生成表現に関する一試論 -火神殺さる段「因御刀所生之神者也」の解釈と意義-
その他のタイトル: A Study on Expressions for the Birth of the Gods in the Kojiki
著者: 阪口, 由佳
著者(別表記) : Sakaguchi, Yuka
著者読み: さかぐち, ゆか
発行日: 2007年 8月31日
出版者: 奈良女子大学21世紀COEプログラム 古代日本形成の特質解明の研究教育拠点
引用: 古代文化とその諸相, p.8, pp.168-151
シリーズ/レポート番号: 古代日本形成の特質解明の研究教育拠点奈良女子大学21世紀COEプログラム報告集 COE for Research on formation and Characteristics of Ancient Japan 奈良女子大学21世紀COEプログラム報告集; Vol.15
抄録: The Kojiki says at first that a god springs (naru), and then gradually changes its expression and says that a god bears (umu) a god. The purpose of this change is to establish a connection to the fact that the emperor begets (umu) a child. Despite the belief that the emperors were descendants of the gods, they are not gods but human beings and cannot spring. Besides, the gods who sprang cannot bear or beget a god, in general. Thus, the expressions for the birth (seisei) of the Gods in the Kojiki change gradually so as to make a coherent story. This paper, taking the first example of umu and naru used together from the Kojiki, argues that the incarnation of the gods is naturalised artfully by the use of naru in a descriptive sentence and the use of umareru (being born) in a summary sentence for the same scene.
URI: http://hdl.handle.net/10935/1434
出現コレクション:Vol.15 古代文化とその諸相

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10935/1434

当システムに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください