当システム
  詳細検索
Japanese | English 

Nara Women's University Digital Information Repository > 010 文学部 > 寧楽史苑 > 第48号(2003) >

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズ形式
AN00181398Vol48pp48-52.pdf2.07 MBAdobe PDF見る/開く
タイトル: カトリック両王研究の変遷と最近の動向 -イザベル女王死後500周年記念からの視点‐
その他のタイトル: El desarrollo del estudio sobre los Reyes Catolicos y su ultima tendencia - Una Panoramica del V centenario de la muerte de Isabel la Catolica -
著者: 大原, 志麻
著者(別表記) : Ohara, Shima
著者読み: おおはら, しま
キーワード: 中世; スペイン史; カトリック両王研究; 変遷; 動向; カスティーリャ; イザベル一世; アラゴン; フェルナンド二世
発行日: 2003年 2月
出版者: 奈良女子大学史学会
引用: 寧楽史苑, 第48号, pp.48-57
URI: http://hdl.handle.net/10935/1484
ISSN: 02878364
出現コレクション:第48号(2003)

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10935/1484

当システムに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください