当システム
  詳細検索
Japanese | English 

Nara Women's University Digital Information Repository > 010 文学部 > スポーツ科学研究 > 第12巻 >

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズ形式
AA11436921_v12_pp83-91.pdf1.65 MBAdobe PDF見る/開く
タイトル: メタボリックシンドローム予防体操「なら 10 minutes Exercise」の運動強度に関する評価
その他のタイトル: Estimated Exercise Intensity of Nara 10 minutes Exercise
著者: 星野, 聡子 link image; 山下, みさき
著者(別表記) : Hoshino, Satoko; Yamashita, Misaki
著者読み: ほしの, さとこ; やました, みさき
発行日: 2010年 3月31日
出版者: 奈良女子大学スポーツ科学教室
引用: 奈良女子大学スポーツ科学研究, 12巻, pp.83-91
抄録: 平成21年度、奈良女子大学文学部スポーツ科学教室では、奈良県の受託研究として職域勤労者を対象とした10分間で行えるメタボリックシンドローム予防体操「なら10minutes Exercise」を開発した。本研究では「なら10minutes Exercise」の運動強度について、心肺持久力の測度である酸素消費量および心拍数を生理指標とし、主観的運動強度と併せて検討することを目的とした。 「なら10minutes Exercise」の各運動要素を分離した定常状態での運動時において、それぞれの運動強度を評価したところ、全体の流れは徐々に運動強度を上げ、要素Cをピークとして再び徐々に下げられた短時間で実施するための理想的な運動形式であった。中盤に位置する要素Cは心肺持久力の向上に適う高強度の運動であり、その前後に位置する要素Bおよび要素Dは、低強度で行えば脂肪燃焼効果が増大し、高強度に動けば心肺持久力の向上に効果的に働く運動であることがわかった。自由に動くインターバルでの運動様式や各運動要素の動き方を運動処方の目的やその日の体調に応じて使い分けることが可能であるため、個々人が安全に取り組める体操であるといえよう。
URI: http://hdl.handle.net/10935/1518
ISSN: 13449885
出現コレクション:第12巻

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10935/1518

当システムに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください