当システム
  詳細検索
Japanese | English 

Nara Women's University Digital Information Repository > 040 大学院人間文化研究科 > 人間文化研究科年報 > 第25号 >

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズ形式
AN10065983_v25_pp25-35.pdf2.27 MBAdobe PDF見る/開く
タイトル: 張揚映画『スパイシー・ラブスープ』試論
その他のタイトル: A study of Zhang Yang (張揚)'s Film "Spicy Love Soup (愛情麻辣燙)"; 试论张扬的电影《爱情麻辣烫 (Spicy Love Soup)》
著者: 田中, 弥生
著者(別表記) : Tanaka, Yayoi
著者読み: たなか, やよい
キーワード: 中国映画; 第六世代; 張揚
発行日: 2010年 3月31日
出版者: 奈良女子大学人間文化研究科
引用: 人間文化研究科年報, 第25号, pp.25-35
抄録:  本稿是以1998年由张扬导演的电影《爱情麻辣烫》为研究对象,对电影中所展现 的中国的现代爱情故事进行分析,目的是为了探讨1990年之后被称为中国电影界“第 六代”导演的风格和特点。  这部影片中有一对年轻情人,从恋爱开始到结婚时所走的路,在新郎向新娘父母问 候、搬新家、购买结婚戒指、办结女髓、拍婚纱照、淌了婚礼的每个阶段,尽管都发生 了“麻辣烫”一样的插曲。在影片中由《声音》、《麻将》、《玩具》、《十三香》、《照片》 五个小故事展现出像‘嘛辣烫”一样的爱情故事。少年对少女的冲动和长辈对晚辈的管 理、年轻人和老年人各自找到伴侣的缘分、有了孩子就有真正的生活的感觉、圆满家庭 的破坏都是由普普通通的事所引起的。张扬正是用这些普通的故事,来描述了现代爱情 的“麻辣烫”。张扬电影的价值就在用于普通的现实来谐噱可普通的爱清故事。
URI: http://hdl.handle.net/10935/1544
ISSN: 09132201
出現コレクション:第25号

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10935/1544

当システムに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください