当システム
  詳細検索
Japanese | English 

Nara Women's University Digital Information Repository > 040 大学院人間文化研究科 > 人間文化研究科年報 > 第25号 >

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズ形式
AN10065983_v25_pp37-47.pdf2.55 MBAdobe PDF見る/開く
タイトル: 叛逆する「中国のノラ」―廬隐の再婚と近代家庭批判
その他のタイトル: Lu Yin's Second Marriage and Her Criticism of Modern Family; 论“中国的娜拉”庐隐的反叛
著者: 羽田, 朝子
著者(別表記) : Haneda, Asako
著者読み: はねだ, あさこ
キーワード: 盧隐; 五四; 新文化運動; 近代家庭
発行日: 2010年 3月31日
出版者: 奈良女子大学人間文化研究科
引用: 人間文化研究科年報, 第25号, pp.37-47
抄録: 在中国五四新文化运动中,青年知识分子受到了西方思想的影响,他们主张打破封建社会和封建家庭的观念, 并强烈反对父母为主的包办婚姻,追求自己为主的自由恋爱、自由婚姻。他们热烈地赞扬易卜生《玩偶之家》笔下的女主角娜拉, 因为在他们眼中,娜拉就是反抗封建家庭,为了追求自由恋爱而逃出家门的女英雄。   当时的女性作家庐隐(1899~1934)也受到了五四思潮的熏陶,自己扮演“中国的娜拉”的角色, 实行了家庭革命。她经历两次结婚生活,进一步深入思考现代家庭隐而不见的妇女问题。 她发现了五四知识分子的言论所忽视的问题乃在于男女不平等。本论针对于庐隐在30年代所发表的女性解放言论, 及对近代家庭的批判等方面做深入探讨。
URI: http://hdl.handle.net/10935/1549
ISSN: 09132201
出現コレクション:第25号

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10935/1549

当システムに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください