当システム
  詳細検索
Japanese | English 

Nara Women's University Digital Information Repository > 040 大学院人間文化研究科 > 人間文化研究科年報 > 第25号 >

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズ形式
AN10065983_v25_pp105-118.pdf356.42 kBAdobe PDF見る/開く
タイトル: 記憶のなかの子ども時代の自分との出会い - 内なる同行者との諸関係 ‐
その他のタイトル: Meeting up with Self in Memory of Own Childhood:Relations with Internal “Convoy”
著者: 金田, 光世; 佐野, 敏行 link image
著者(別表記) : Kaneda, Mitsuyo; Sano, Toshiyuki
著者読み: かねだ, みつよ; さの, としゆき
キーワード: 記憶; 子ども時代; 自分; 同行者(コンボイ)
発行日: 2010年 3月31日
出版者: 奈良女子大学人間文化研究科
引用: 人間文化研究科年報, 第25号, pp.105-118
抄録: This paper is an attempt to understand the significance of meeting up with oneself in memory of own childhood by analyzing narratives told by six Japanese Americans and a Japanese Brazilian. The one’s self in memory is considered as a consociate or convoy (Plath 1985 [1980]). The multiple ways of approaching oneself in memory of own childhood are found and examined to delineate relationships between one’s life crafting and his or her self in memory of own childhood. The study contends that the findings have implications for improving or maintaining the quality of life among the elderly.
URI: http://hdl.handle.net/10935/1553
ISSN: 09132201
出現コレクション:第25号

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10935/1553

当システムに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください