当システム
  詳細検索
Japanese | English 

Nara Women's University Digital Information Repository > 040 大学院人間文化研究科 > 人間文化研究科年報 > 第25号 >

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズ形式
AN10065983_v25_pp205-214.pdf362.67 kBAdobe PDF見る/開く
タイトル: 「体験による学び」とは―活動理論による分析から―
その他のタイトル: Learning by The Experience―Analysis by Activity Theory―
著者: 石上, 浩美
著者(別表記) : Ishigami, Hiromi
著者読み: いしがみ, ひろみ
キーワード: 学び; 活動理論; 発達; 学習
発行日: 2010年 3月31日
出版者: 奈良女子大学大学院人間文化研究科
引用: 人間文化研究科年報, 第25号, pp.205-214
抄録: The purpose of the present study was to have clarified “Learning by the experience”. What is the person learning from participation in the experienced activities? The activity system integrates the subject, the object, and the tool (Not only the sign and the symbol but also concrete tools are included there) into the united whole, and both a side that is intended there the object and is productive and the side of communications are included. (Engestr ¨o m, 1999) As a result our interview investigation, cooperator’s “Learning by the experience” has been understood through their talking and thinking.
URI: http://hdl.handle.net/10935/1611
ISSN: 09132201
出現コレクション:第25号

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10935/1611

当システムに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください