当システム
  詳細検索
Japanese | English 

Nara Women's University Digital Information Repository > 040 大学院人間文化研究科 > 人間文化研究科年報 > 第25号 >

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズ形式
AN10065983_v25_pp225-234.pdf472.75 kBAdobe PDF見る/開く
タイトル: 重要伝統的建造物群保存地区における住居活用の変容―福島県下郷町大内宿を事例に―
その他のタイトル: Transformations of Space in the Traditional Houses in an Important Preservation District for Groups of Historic Buildings―A case of Ouchi post town, Shimogou, Fukushima Prefecture―
著者: 中尾, 千明
著者(別表記) : Nakao, Chiaki
著者読み: なかお, ちあき
キーワード: 重要伝統的建造物群保存地区; 住居; 大内宿
発行日: 2010年 3月31日
出版者: 奈良女子大学大学院人間文化研究科
引用: 人間文化研究科年報, 第25号, pp.225-234
抄録: The purpose of this study is to investigate how part of space in the traditional buildings utilized for various purpose before and after the selection as an Important Preservation District for Groups of Historic Buildings. As a result of interviews, well accessible space of traditional buildings face to the main street has been utilized as shops for tourists. Residents gradually constructed new buildings or daily use behind the traditional houses. Research revealed separation of space in a ground occurred since the selection in 1981.
URI: http://hdl.handle.net/10935/1629
ISSN: 09132201
出現コレクション:第25号

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10935/1629

当システムに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください