当システム
  詳細検索
Japanese | English 

Nara Women's University Digital Information Repository > 110 科学研究費補助金研究成果報告書 > 2005年度(平成17年度) > 身体的コミュニケーションとしての動作速度調整に関する生理心理的検討 >

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズ形式
15_05_02.pdf940.45 kBAdobe PDF見る/開く
タイトル: 第2章 遂行速度と主観的感情の関係性
その他のタイトル: 異なる動作速度が遂行時の快感情に及ぼす影響; EFFECT OF DIFFERENT MOVEMENT PACES ON MOOD STATES
著者: 成瀬, 九美 link image
著者(別表記) : Naruse, Kumi
著者読み: なるせ, くみ
キーワード: Movement Pace; Preferred Pace; Mood States; 動作速度; プリファード・ペース; 主観的感情
発行日: 2006年 3月
出版者: [成瀬九美]
引用: 身体的コミュニケーションとしての動作速度調整に関する生理心理的検討, pp.7-14
シリーズ/レポート番号: 平成16年度-平成17年度科学研究費補助金(基盤研究(C))研究成果報告書; 16500462
抄録: The purpose of this study was to classify the various words that are associated with pace, from the viewpoint on how humans feel when they imagine themselves at each pace. Seventeen words that express different pace were classified into four subscales by factor analysis, they were 1) negative fast,2) positive fast, 3) positive slow and 4) negative slow. To confirm whether the difference between the paces can reflect on real movement, 142 female university students were asked to draw a single circle inside individual 1-cm squares printed on an A4 size sheet of paper at the requested pace with 1minute time limit. On completion of the task, they were asked to evaluate their feelings at the requested pace. The significant difference was obtained for the number of circles. The evaluated positive feelings were significantly lower in the fast negative in compared to the positive fast condition and positive slow condition. This result indicates that different movement paces produce different feelings, depending on what pace is chosen.
URI: http://hdl.handle.net/10935/168
出現コレクション:身体的コミュニケーションとしての動作速度調整に関する生理心理的検討

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10935/168

当システムに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください