当システム
  詳細検索
Japanese | English 

Nara Women's University Digital Information Repository > 010 文学部 > 日本史の方法 > 第7号(2008) >

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズ形式
AA12011597_v7_pp78-89.pdf2.32 MBAdobe PDF見る/開く
タイトル: バケツリレー的物資調達方式は有効なモデルか? : または弥生社会は如何にして心配することを止めて非自給物資を調達したか
著者: 大久保,徹也
著者(別表記) : Okubo, Tetsuya
著者読み: おおくぼ,てつや
キーワード: 弥生時代; 集落論; 物資流通; 交易; 交換; 共同体; 自給自足
発行日: 2008年 5月 5日
出版者: 日本史の方法研究会
引用: 日本史の方法, 第7号, pp.78-89
URI: http://hdl.handle.net/10935/2038
ISSN: 1880-4985
出現コレクション:第7号(2008)

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10935/2038

当システムに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください