当システム
  詳細検索
Japanese | English 

Nara Women's University Digital Information Repository > 095 古代学学術研究センター > 21世紀COEプログラム報告集 > Vol.14 古代都市とその形制 >

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズ形式
BA83915564_pp5-13.pdf本文988.44 kBAdobe PDF見る/開く
BA83915564_pp5-13-yoshino.pdf抄録114.64 kBAdobe PDF見る/開く
タイトル: 『律書残篇』の条坊記載
その他のタイトル: The description of ”Jobo” in Risshozanpen
著者: 吉野, 秋二 link image
著者(別表記) : Yoshino, Shuji
著者読み: よしの, しゅうじ
キーワード: 条坊; 律書残篇; 平城京; 条坊復原
発行日: 2007年 8月31日
出版者: 奈良女子大学21世紀COEプログラム, 古代日本形成の特質解明の研究教育拠点
引用: 吉野秋二:古代都市とその形制(奈良女子大学21世紀COEプログラム報告集 Vol. 14), pp. 5-13
シリーズ/レポート番号: 古代日本形成の特質解明の研究教育拠点 奈良女子大学21世紀COEプログラム報告集; Vol. 14
抄録: This essay will examine the mentioning of locations, which appears in a volume titled Risshozanpen written at the beginning of the Heian Period. The entry in question was made between April, Yoro 5 (721) and December, Tenpyo 9 (737). It is thought to be the number of streets and avenues then existing in Heijo-kyo. Examining this and othermaterials together, as for sakyo (the left half of Heijo-kyo), it is proved that the conventional theory of Heijo-kyo restoration planning is right. Furthermore, as for ukyo (the right half of Heijo-kyo), it becomes clear that at one time between April, Yoro 5 (721) and December, Tenpyo 9 (737) Heijo-kyo lacks its northern city section called hokuhenbo, or that some parts of hokuhenbo are missing.
URI: http://hdl.handle.net/10935/2536
出現コレクション:Vol.14 古代都市とその形制

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10935/2536

当システムに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください