当システム
  詳細検索
Japanese | English 

Nara Women's University Digital Information Repository > 110 科学研究費補助金研究成果報告書 > 2004年度(平成16年度) > 競技パフォーマンスと注意メカニズムに関する精神生理学的研究 >

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズ形式
01_07_04.pdf708.14 kBAdobe PDF見る/開く
タイトル: 運動強度が注意機能に及ぼす効果について:事象関連電位を指標として
その他のタイトル: Effect of exercise intensity on cognitive performance: On event-related potential as a psychophysiological index
著者: 佐久間, 春夫 link image; 松本, 清
著者(別表記) : Sakuma, Haruo; Matsumoto, Sayaka
著者読み: さくま, はるお; まつもと, さやか
キーワード: exercise intensity; cognitive performance; ERP; P300; 運動強度; 注意機能; 事象関連電位
発行日: 2005年 3月
出版者: [佐久間春夫]
引用: 競技パフォーマンスと注意メカニズムに関する精神生理学的研究, pp.53-60
シリーズ/レポート番号: 平成15年度-平成16年度科学研究費補助金(基礎研究(C)(2))研究成果報告書; 15500443
抄録: Generally, a moderate-intensity exercise has been claimed to improve cognitive performance according to an inverted U-effect on the performance of a cognitive task.However, there is little quantitative investigation about this. The purpose of this study was to examine whether a moderate-intensity exercise could be best to improve cognitive performance or not. Ten female subjects performed each of four randomly assigned 20-min conditions: (a) a nonexercise control, (b) a cycling exercise at 50% HRmax,(c) a cycling exercise at 65% HRmax, and (d) a cycling exercise at 80% HRmax, and they also carried out a reaction task and a cognitive task before and after these conditions. Event-related potentials (ERPs) were obtained during the cognitive task. The results were not significant, but suggested that cognitive performance was more improved at a moderate-intensity than other conditions.
URI: http://hdl.handle.net/10935/267
出現コレクション:競技パフォーマンスと注意メカニズムに関する精神生理学的研究

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10935/267

当システムに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください