当システム
  詳細検索
Japanese | English 

Nara Women's University Digital Information Repository > 095 古代学学術研究センター > 21世紀COEプログラム報告集 > Vol.17 ヤマトの開発史(1) >

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズ形式
BA85883196_v1_pp35-85.pdf4.58 MBAdobe PDF見る/開く
タイトル: 能登川扇状地における古墳時代の開発史の検討:集落遺跡の発掘調査成果や周辺の古墳の様相をもとにして
著者: 安井, 宣也
著者(別表記) : Yasui, Nobuya
著者読み: やすい, のぶや
キーワード: 開発史研究; 奈良盆地; 古墳時代; 遺跡の調査成果; 総合的研究
発行日: 2007年11月30日
出版者: 奈良女子大学21世紀COEプログラム
引用: 安井宣也: 都城制研究(1) (奈良女子大学21世紀COEプログラム報告集 Vol. 17), pp. 35-85
シリーズ/レポート番号: 奈良女子大学21世紀COEプログラム報告集; Vol. 17
URI: http://hdl.handle.net/10935/2737
出現コレクション:Vol.17 ヤマトの開発史(1)

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10935/2737

当システムに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください