当システム
  詳細検索
Japanese | English 

Nara Women's University Digital Information Repository > 040 大学院人間文化研究科 > 人間文化研究科年報 > 第26号 >

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズ形式
AN10065983_V26pp392-384.pdf510.88 kBAdobe PDF見る/開く
タイトル: 魏源と『海国図志』編纂の経緯
その他のタイトル: Wei yuan and the compilation of the Hai-guo tu-zhi
著者: 井上, 裕正 link image
著者(別表記) : Inoue, Hiromasa
著者読み: いのうえ, ひろまさ
キーワード: アヘン戦争; 林則徐; 魏源; 海国図志; 聖武記
発行日: 2011年 3月31日
出版者: 奈良女子大学大学院人間文化研究科
引用: 井上裕正 : 人間文化研究科年報 (奈良女子大学大学院人間文化研究科) , 第26号, pp.392-384
抄録: Four months after the Treaty of Nanking had been signed in 1842 and the Qing Dynasty had been defeated by the British in the Opium War, Wei yuan completed the Hai-guo tu-zhi(Illustrated treatise on the Sea Kingdoms).Since 1820s Wei, who was asked by Lin ze-xu to compile the Hai-guo tu-zhi in 1841,had been studying history and geography of the North-west, Xin-jiang as a scholar of Confucian activist and statecraft reformer. When Jahangir, a descendant of the Kashgar Khojas, invaded the south-western Xin-jiang in 1826 and executed in 1828, Wei began to compile the Sheng-wu ji(the Military history of the Qing Dynasty) which contained history of Xin-jiang up to the invasion of Jahangir.
URI: http://hdl.handle.net/10935/2838
ISSN: 09132201
出現コレクション:第26号

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10935/2838

当システムに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください