当システム
  詳細検索
Japanese | English 

Nara Women's University Digital Information Repository > 040 大学院人間文化研究科 > 人間文化研究科年報 > 第27号 >

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズ形式
AN10065983_V27pp292-304.pdf1.31 MBAdobe PDF見る/開く
タイトル: 南都神道家・今出河文斎による由緒記の編著
その他のタイトル: The books of histories about shrine in Nanto were written by Scholar of Shinto: Bunsai Imadegawa
著者: 向村, 九音
著者(別表記) : Sakimura, Chikane
著者読み: さきむら, ちかね
キーワード: 今出河文斎; 長尾神社; 近世; 南都; 神道家; 由緒記
発行日: 2012年 3月31日
出版者: 奈良女子大学大学院人間文化研究科
引用: 向村九音 : 人間文化研究科年報(奈良女子大学大学院人間文化研究科), 第27号, pp. 292-304
抄録: Bunsai Imadegawa who was alive around between the 16th century and the 17th century had searched for histories of shrine's in Yamato as a scholar of Shinto in Nanto. First of all, he was asked to write books about Shrine's histories by Shinto priests and his books determined some of shrine’s histories and traditions, but they were different from that the others had written. Particularly, in this essay, I pick up“ Nagao-Zinzya-Ryakki” from his one of books and arrange his activities. I hope my essay can gain a foothold to know in how to be recorded histories of shrines in Nanto in the Edo per.
URI: http://hdl.handle.net/10935/2963
ISSN: 0913-2201
出現コレクション:第27号

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10935/2963

当システムに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください