当システム
  詳細検索
Japanese | English 

Nara Women's University Digital Information Repository > 040 大学院人間文化研究科 > 人間文化研究科年報 > 第27号 >

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズ形式
AN10065983_V27pp53-64.pdf1.04 MBAdobe PDF見る/開く
タイトル: 20世紀初頭、上海における中国教育会の設立 : とくに日本との関係を中心に
その他のタイトル: The establishment of the Chinese Education Association in the beginning of 20th century Shanghai : especially on the relation with Japan
著者: 晏, 妮[にい]
著者(別表記) : Yan, Ni
キーワード: 上海; 中国教育会; 日本; 愛国学社; 蔡元培; 拒俄運動・革命運動
発行日: 2012年 3月31日
出版者: 奈良女子大学大学院人間文化研究科
引用: 晏妮 : 人間文化研究科年報(奈良女子大学大学院人間文化研究科), 第27号, pp. 53-64
抄録: Along the New Policies,which started after the Boxer uprising, the Qing government promoted the educational reform. In Shanghai the Chinese Education Association was established in April 1902. Cai Yuan-pei, one of the leaders of the Association, had established the Japanese Learning School in Peking, also had been learning Japanese language. The purpose of the Patriotic School,which was established by the Association in November 1902, was mental education, idealizing Yosida Shoin and Saigo Takamori in the late Tokugawa era of Japan. The anti-Russia movement and the revolutionary movement, which were carried on by the Association and the School in Shanghai, were strengthened in collaboration with the Chinese students in Japan.
URI: http://hdl.handle.net/10935/2971
ISSN: 0913-2201
出現コレクション:第27号

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10935/2971

当システムに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください