当システム
  詳細検索
Japanese | English 

Nara Women's University Digital Information Repository > 040 大学院人間文化研究科 > 人間文化研究科年報 > 第27号 >

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズ形式
AN10065983_V27pp137-145.pdf908.47 kBAdobe PDF見る/開く
タイトル: 日本におけるDV 理解の現状に関する一考察
その他のタイトル: A study on understanding DV in Japan
著者: 宇治, 和子
著者(別表記) : Uji, Kazuko
著者読み: うじ, かずこ
キーワード: DV; DV研究; Domestic Violence; 日本; 海外
発行日: 2012年 3月31日
出版者: 奈良女子大学大学院人間文化研究科
引用: 宇治和子 : 人間文化研究科年報 (奈良女子大学大学院人間文化研究科), 第27号, pp.137-145
抄録: The purpose of this study is to see how the foreign DV theories are understood ,when they come into Japan. The characteristics of the foreign DV theories should be separated into three types, that is (1) psychological approach (2) sociological approach and (3) comprehensive approach. But in Japan the abovementioned have not been fully understood in the proper point of view, and there I think is a confusion in explaining DV situation. Japanese researchers are required to treat this problem properly.
URI: http://hdl.handle.net/10935/2980
ISSN: 0913-2201
出現コレクション:第27号

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10935/2980

当システムに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください