当システム
  詳細検索
Japanese | English 

Nara Women's University Digital Information Repository > 095 古代学学術研究センター > 21世紀COEプログラム報告集 > Vol.15 古代文化とその諸相 >

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズ形式
BA83915702pp71-85.pdf本文716.69 kBAdobe PDF見る/開く
BA83915702p5narazaki.pdf英文要約21.32 kBAdobe PDF見る/開く
タイトル: 『万葉集』に詠まれた玉
その他のタイトル: Tama in the Manyoshu
著者: 楢﨑, 久美子
著者(別表記) : Narazaki, Kumiko
著者読み: ならざき, くみこ
キーワード: 『万葉集』; 玉; 服飾; 祈り
発行日: 2007年 8月31日
出版者: 奈良女子大学21世紀COEプログラム 古代日本形成の特質解明の研究教育拠点
引用: 楢﨑久美子:古代文化とその諸相(奈良女子大学21世紀COEプログラム報告集vol.15) p. 5, pp.71-85
シリーズ/レポート番号: 古代日本形成の特質解明の研究教育拠点奈良女子大学21世紀COEプログラム報告集 COE for Research on formation and Characteristics of Ancient Japan 奈良女子大学21世紀COEプログラム報告集; Vol.15
抄録: "Tama" (beads) has traditionally been related to "tamashi" (souls), and beaded ornaments have been regarded as special charms or being feminine. This paper re-examines the attributes of "tama" in the "Manyoshu" and classifies its "waka" (Japanese poems). It reveals as a result that there is no telling what the exact qualities of "tama" are from examples in the collection, where "tama" is described as beauties and gems, and where beaded ornaments are worn on their limbs and heads for their special people on a daily basis. This paper also argues that the ritual use of beaded ornaments had little to do with gender and class.
URI: http://hdl.handle.net/10935/3154
出現コレクション:Vol.15 古代文化とその諸相

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10935/3154

当システムに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください