当システム
  詳細検索
Japanese | English 

Nara Women's University Digital Information Repository > 030 生活環境学部 > 学外刊行物(生活環境学部) > 雑誌 >

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズ形式
AN10438548_n505_pp45-50.pdf702.71 kBAdobe PDF見る/開く
タイトル: 環境音による快適性評価の向上の可能性と限界に関する一考察 : 音・熱・光の複合環境を通して
その他のタイトル: Discussion on the possibility and the limitation of sounds to improve the evaluation of the environment : in the case of the combind environment of sound, temperature and illuminance
著者: 長野, 和雄 link image; 松原, 斎樹 link image; 藏澄, 美仁 link image; 鳴海, 大典 link image
著者(別表記) : Nagano, Kazuo; Matsubara, Naoki; Kurazumi, Yoshihito; Narumi, Daisuke
著者読み: ながの, かずお; まつばら, なおき; くらずみ, よしひと; なるみ, だいすけ
キーワード: Combind environment; Non-specific evaluation; Pleasantness; Soundscape; Natural sounds; 複合環境; 非特異的評価; 積極的快適; サウンドスケープ; 自然音
発行日: 1998年 3月
出版者: 社団法人日本建築学会
引用: 長野和雄ほか:日本建築学会計画系論文集, 1998, 第505号, pp.45-50
抄録: This paper investigated the possibility and the limitation of sounds to improve the nonspecific evaluation of the environment. Subjects evaluated the combined environment of eight kinds of sounds, two levels of temperature(19,24℃(SET*)) and two levels of illuminance(5,530lx) in a room on seven points bipolar scales of 23 adjectives by Semantic Differential Technique. Subjects were 21 male students. The result shows that a few kinds of sound stimuli can improve the uncomfortable evaluation in the 19℃-5lx condition. But the same stimuli were found not always to have the similar effect on the negative comfort resulting from the another thermal and lighting conditions.
URI: http://hdl.handle.net/10935/3229
ISSN: 1340-4210
出版社リンク: http://ci.nii.ac.jp/naid/110004655000
出現コレクション:雑誌

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10935/3229

当システムに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください