当システム
  詳細検索
Japanese | English 

Nara Women's University Digital Information Repository > 010 文学部 > 社会学論集 > 20号 >

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズ形式
AN10436699V20pp53-64.pdf289.31 kBAdobe PDF見る/開く
タイトル: 社会事業教育における社会科学の視点:戦前・戦後のつながりに注目して
その他のタイトル: Treatment of Social Science Subjects in the Social Welfare Curriculum of Japan
著者: 阿部, 敦; 渡邊, かおり
著者(別表記) : Abe, Atsushi; Watanabe, Kaori
著者読み: あべ, あつし; わたなべ, かおり
キーワード: social sciences subjects; the social welfare curriculum; Florence Brugger; 社会科学系科目; 社会事業教育カリキュラム; フローレンス・ブルーガー
発行日: 2013年 3月 1日
出版者: 奈良女子大学社会学研究会
引用: 阿部敦・渡邊かおり:奈良女子大学社会学論集, 第20号, pp. 53-64
抄録: This study aims to comprehend the treatment of social science subjects in the social welfare curriculum of Japan. As a result of the study, the following points became clear: (1) The social science subjects occupied an important place in the curriculum before WWII. (2) This trend was still applicable to the first few years after the end of WWII. (3) After 1948, many social science subjects were excluded from the curriculum by the influence of Florence Brugger (Chief of Social Work Training Branch, Welfare Div., Public Health and Welfare Sec., GHQ/SCAP). (4) A complete revision of the curriculum for certified social workers in 1987 has further ingrained this trend.
URI: http://hdl.handle.net/10935/3429
ISSN: 13404032
出現コレクション:20号

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10935/3429

当システムに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください