当システム
  詳細検索
Japanese | English 

Nara Women's University Digital Information Repository > 030 生活環境学部 > 学外刊行物(生活環境学部) > 雑誌 >

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズ形式
AN10176667_V24_pp167-168.pdf536.64 kBAdobe PDF見る/開く
タイトル: 養育者の内在的要因が子どもの愛着行動に与える影響--定型発達児と自閉症児の比較研究から
その他のタイトル: The influence of parent's internalized factor for child's attachment behavior: the comparison study of normal toddlers and autistic toddlers
著者: 山口, 正寛; 山根, 隆宏; 花村, 香葉; 鍋島, 宏之
著者(別表記) : Yamaguchi, Masahiro; Yamane, Takahiro; Hanamura, Kayo; Nabeshima, Hiroyuki
著者読み: やまぐち, まさひろ; やまね, たかひろ; はなむら, かよ; なべしま, ひろゆき
キーワード: 愛着; 自閉性障害; 親子関係; 養育者の内在的要因; attachment; autism disorder; parent-child relationship; internal factor of parents
発行日: 2010年 8月
出版者: 発達科学研究教育センター
引用: 山口正寛, 山根隆宏, 花村 香葉 [他]: 発達研究(発達研究科学センター)Vol. 24, pp.167-178, 2010
抄録: 本研究は,一般の幼児および自閉症児における養育者側の愛着体験や内在的要因と子どもの愛着と の関連を比較検討することを通して,親子間の相互作用に影響を与えうるいくつかの要因について明 らかにすることを目的とした。3~6 歳の定型発達児141 名と自閉症児36 名の保護者を対象に,子ど もの愛着行動,養育者自身の被養育体験,IWM,心理化能力,養育態度を問うアンケートを実施し た。その結果,定型発達児と自閉症児の愛着行動は類似した傾向を示すものの,その頻度や強度は異 なっており,定型発達児の方がより愛着行動を示す傾向にあることが示唆された。また,障害の有無 と愛着の安定性によって,子どもの愛着行動における養育者自身のIWM と心理化能力に差は認めら れなかったが,養育者が支持的に関わるかどうか,また,養育者自身がどのように育てられてきたか に差が認められた。The purpose of this study was to investigate the several factors to be related to parent-child interaction, such as parent’s internalized factor, compared with mothers of autistic toddlers and developmentally normal children. Mothers having developmental normal children (3- to 6-years-old, N=141) and autistic toddlers (N=36) participated in a questionnaire survey: the child’s attachment behavior, their parent’s reared experience, internal working models(IWM), mentalization, and their parenting attitude were focus on this study. Results revealed that both children’s attachment behavior of developmentally normal children and autism children indicate similar tendency, but developmentally normal children showed more attachment behavior than did autistic children. There was no significant difference in the mother’s IWM and metalization, whereas significant difference in the mother’s supportive parenting and parent’s reared experience, between child’s autistic factor (developmentally normal vs autistic) and children’s attachment secure type (secure vs insecure).
URI: http://hdl.handle.net/10935/3438
ISSN: 0915-3209
出現コレクション:雑誌

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10935/3438

当システムに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください