当システム
  詳細検索
Japanese | English 

Nara Women's University Digital Information Repository > 010 文学部 > スポーツ科学研究 > 第15号 >

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズ形式
AA11436921V15pp87-90.pdf4.87 MBAdobe PDF見る/開く
タイトル: ダンス授業における「即興的に踊る」体験への取り組み
その他のタイトル: The Educational effects of improvisational movement in the lesson of dance
著者: 成瀬, 九美 link image
著者(別表記) : Naruse, Kumi
著者読み: なるせ, くみ
キーワード: dance; improvisation; follower; ダンス授業; 即興; 受けとめる体験
発行日: 2013年 3月31日
出版者: 奈良女子大学文学部スポーツ科学研究
引用: 成瀬九美:奈良女子大学スポーツ科学研究, 第15号, pp.87-90
抄録: 中学校および高等学校の保健体育のダンス領域の内容を踏まえた「身体表現実習」では,自己表現する楽しさを体験することと併せて,表現を受けとめる体験を重視し,これらの体験を通じて,身体のコミュニカティブな機能や自己身体に対する理解を深めることをねらいのひとつとしている.表現を受けとめる体験とは,他者の動きに呼応して,自分も応変的に,即興的に動くことである.半期授業の中から,呼吸リズムや身体部位のつながりに意識を向け,ひと流れの動きを重視して動く導入から,グループで行なうリズムダン スや表現運動への展開例を報告し,受講レポートの記述をもとに,これらに含まれる即興的に踊る体験が多様な動き方の発見や仲間との交流につながることを述べた.
URI: http://hdl.handle.net/10935/3451
ISSN: 1344-9885
出現コレクション:第15号

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10935/3451

当システムに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください