当システム
  詳細検索
Japanese | English 

Nara Women's University Digital Information Repository > 030 生活環境学部 > 学外刊行物(生活環境学部) > 雑誌 >

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズ形式
AA11821911V8pp25-32.pdf777.74 kBAdobe PDF見る/開く
タイトル: 高機能広汎性発達障害児をもつ親の診断告知時の感情体験について--自由記述分析による予備的検討
その他のタイトル: Emotional experience of parents in the diagnosis of high-functioning pervasive developmental disorders
著者: 山根, 隆宏
著者(別表記) : Yamane, Takahiro
著者読み: やまね, たかひろ
キーワード: 高機能広汎性発達障害; 発達障害児の親; 診断告知
発行日: 2009年 3月
出版者: 神戸大学大学院総合人間科学研究科発達基礎論講座 : 神戸大学大学院総合人間科学研究科発達臨床論講座
引用: 山根隆宏: 神戸大学発達・臨床心理学研究,Vol.8, pp.25-32
抄録: 高機能広汎性発達障害児は,確定診断の困難さ,障害の見えにくさにより特徴づけられ,これによりその 子どもをもつ親は特有の困難さを抱えることが指摘されている。本研究では,診断告知時に焦点を当て,高機能 広汎性発達障害児をもつ親80名に対して自由記述による調査をおこない,診断時の感情体験の構造について探索 的な検討を試みた。数量化III類により診断時の感情体験の構造と診断時の対応および確定診断の時期との関連に ついて検討した。その結果,診断告知に対する否認や衝撃などのネガティブな感情を中心とする体験と,診断に 対して安堵感や希望,前向きな気持ちなどのポジティブな感情を中心とする体験,不安や救われる気持ちをなど の両面的な感情を中心とした体験の3つの特徴的な感情体験が示唆された。また,ポジティブな感情体験は診断 時の専門機関の対応のうち具体的な助言や共感的な態度などと関連し,ネガティブな感情は診断時の対応のうち 診断の説明不足,非共感的な態度,他機関への紹介がないこととの関連が示唆された。さらに,診断を告知され る時期との関連がみられ,乳児期に診断を受けている親は両面的な感情を,児童期以降に診断を受けている親は ポジティブな感情を体験していることが示唆された。
URI: http://hdl.handle.net/10935/3456
ISSN: 1072-9424
出現コレクション:雑誌

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10935/3456

当システムに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください