当システム
  詳細検索
Japanese | English 

Nara Women's University Digital Information Repository > 120 博士学位論文 > 博士学位論文 >

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズ形式
Thesis_K533.pdf13.47 MBAdobe PDF見る/開く
タイトル: 視覚障害者のための墨字学習支援システムの開発と評価
その他のタイトル: The Development and Evaluation of a Sumiji Learning Support System for Visually Impaired People
著者: 松本, 多恵
著者(別表記) : Matsumoto, Tae
著者読み: まつもと, たえ
キーワード: 墨字; 視覚障害者; 空間認識能力; 筆順; 核になる体験; Sumiji; Visually impaired people; Spatial reasoning capacity; Stroke order ,Experience of becoming nucleus
発行日: 2013年 3月22日
出版者: 松本多恵
引用: 博士(学術), 博課 甲第533号, 平成25年3月22日学位授与
抄録:  視覚障害者と晴眼者(視覚に障害がない者)の相互コミュニケーションを図 る上で,情報通信機器を介した情報伝達は有効な手段であり,積極活用すべき ものである.しかしながら,実際の視覚障害者との情報伝達には大きな壁が存 在する.それは視覚障害者の漢字仮名交じり文学習の困難さである.日本語に は多くの同音異義語が存在している.中には意味も類似しているものもあり, それらを正しく使い分けるためには日本語の文字の成り立ちと意義を深く理 解できるだけでなく,基本的な文字(カタカナ,代表的な当用漢字,ひらがな, 数字,アルファベット)の字形を覚える必要がある.視覚障害者が指先の触覚 によって読む点字は表音文字であるため,その学習は,晴眼者の漢字学習(以 下,墨字学習と記す)とは異なり,ひらがな,カタカナ,漢字の区別なく,点 字の表す音を読み進んで文字の意味を理解するもので,表意文字である漢字の 学習とは全く異なるものである.近年,視覚障害者支援用の点字ワープロや, インターネット閲覧等に利用可能な画面音声化ソフトが開発されてきたため, 視覚障害者も晴眼者と同じように多くの情報を得ることが可能となりつつあ り,例えばパソコンとスキャナを活用して墨字の本を読んだり,特殊なデバイ スを利用して墨字を書いたりすることが可能になってきた.一方,漢字の読み 書きは視覚活用ができるものでも容易に習得できるものではなく,視覚障害者 にとって新たな課題が生まれた.  これらの機器を有効かつ正確に活用するためには,視覚障害者の墨字リテラ シー強化が必要不可欠である.一例を挙げると,視覚を活用できる晴眼者であ っても,合う/会うの違いを音声だけで理解し,正しい文字を選択すること は難しい.このように,表音文字である点字の配列から,表意文字である墨字 の配列に変換することは非常に難しい.さらに視覚障害者が役所や銀行で口座 開設申請やパスポート申請等で署名の必要がある際は,代筆業者等が代理署名 しているのが現状である.自分の名前,住所を自筆で書きたいという欲求は誰 しもが持っているものであるにもかかわらず,多くの視覚障害者が通う盲学校 では,墨字学習が積極的に実践されていないため,自分の名前すら墨字で書く ことができないのが現状である.  このような背景のもと,視覚障害者の点字以外の墨字学習の必要性が急務の 課題として知られているが,現状では墨字学習の効果的な指導法が確立されて いない.そこで著者は,視覚障害者への墨字学習を普及させるために,触覚に よる運筆の獲得とペン筆記を可能にする墨字リテラシー強化学習支援システ ムを構築し,有効性を確認するために墨字学習経験がない,もしくは経験が少 ない視覚障害者(全盲者)10人を被験者に実験を行い,評価について報告する.  本論文は,全6章で構成され,視覚障害者の墨字学習の現状分析と触覚ディ スプレイを活用した墨字学習支援システムの開発,本システムの特徴でもある 運筆の獲得とペン筆記を活用した墨字学習が,視覚障害者が抱える問題(空間認 識能力欠如)を改善するのに効果があるのかを検証している.著者が提案する墨 字学習は香川が提唱する核になる体験を効果的に反映したものである.学習者 にまず文字の全体形状と筆順を把握させ,その後で指先によって部分形状を把 握させる学習法である.学習者に筆順を理解させるために,文字を一筆ごとに 触覚ディスプレイ上に描画する.学習者は掌全体を使って一筆ごとに描画され る文字の時系列形状と全体形状を触知把握する.その後で指先による部分形状 の把握をおこなう学習アプローチである.  第l章にて,研究の背景について説明する.第2章にて,眼の構造や機能等 の視覚の基礎と,視覚障害が発達に及ぼす影響について説明する.次に第3章 にて,視覚障害者の墨字学習の現状と,触覚を活用した墨字学習の先行研究に ついて述べる.第4章では,著者が開発した墨字リテラシー強化学習支援シス テムの構成と機能について説明する.第5章では,本システムを使った評価実 験の方法と結果について報告する.最後に第6章にて本論文についてまとめを 述べる. The Development and Evaluation of a Sumiji Learning Support System for Visually Impaired People Abstruct Communications through telecommunication tools are widely accepted as valid with visually impaired people and sighted people and the promotion of mutual understanding. The visually impaired people can get all kinds of information all by themselves through communicating by electric mails or using the Internet. However, there is a big problem in communications through the telecommunication equipment. It is braille. Braille is writing system which enables blind and partially visually impaired people to read and write through touch. Japanese braille is a braille code for writing the Japanese language. Japanese Braille has 6 dots in a cell. In Japanese it is generally known as "tenji". Japanese braille has a number of shortcomings. First, braille is difficult to read by sighted people. Second, Japanese braille does not deal with Chinese characters. The word of Japanese related to the meaning of a word of the Chinese characters is abundant. For instance, a lot of homonyms exist in the Chinese characters. The visually impaired children are facing a lot of difficulty in learning Chinese characters than sighted children. Nevertheless, there is no program that is the system examined slightly and enough though the guidance method of the Chinese characters study of the school for the blind. The Chinese characters teaching program should be reconsidered. So, we develop a Chinese characters learning support system for visually impaired people. In this thesis, characters other than braille are defined as the "Sumiji". This system is based on hand writing using tactile stroke order to be displayed. This system method is hand writing using tactile stroke order display, synthesized voice guide and stroke order. Tactile stroke are taught one by one. This method is effectively a reflection of the experience becoming a nucleus. This system is aimed at repeated self-learning of writing a balanced the Sumiji without help of other people. Moreover, this system values the stroke order. In order to validate the system, we perform experimental evaluation of the system with visually impaired ten people. This thesis is organized as follows: In Chapter 1, our research background and motivation are described as an introduction of this thesis. In Chapter 2, explanation of the eyes the structures and functions. Concerning growth process influenced by impairment of vision. In Chapter 3, explanation of two methods are study the Sumiji. Braille embossing printer and though tactile display are used. In Chapter 4, related works for our system are introduced. In Chapter 5, presents our experiment approach to learning this system and gives the experimental results and discussions for the results. This thesis is concluded in chapter 6.
URI: http://hdl.handle.net/10935/3479
出現コレクション:博士学位論文

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10935/3479

当システムに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください