当システム
  詳細検索
Japanese | English 

Nara Women's University Digital Information Repository > 095 古代学学術研究センター > 古代学 > 第6号 >

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズ形式
AA12405683V6pp1-11.pdf34.33 MBAdobe PDF見る/開く
タイトル: WebGISデータベースの試み:奈良盆地前方後円墳データベースを事例に
その他のタイトル: An atempt as a WebGIS-Database :In case of the construction of the database of keyhole-shaped mound, zenpoukouenhun, in Nara Basin-Summary
著者: 出田, 和久 link image; 石﨑, 研二 link image; 宮崎, 良美 link image
著者(別表記) : Ideta, Kazuhisa; Ishizaki, Kenji; Miyazaki, Yoshimi
著者読み: いでた, かずひさ; いしざき, けんじ; みやざき, よしみ
キーワード: WebGIS; データベース; 主題図; 分布図; 前方後円墳; 奈良盆地; 歴史地理学; Database; thematic map; distribution map; zenpoukouenhun (keyhole-shaped mound)); Nara Basin; historical geography
発行日: 2014年 3月
出版者: 奈良女子大学古代学学術研究センター
引用: 出田和久、石﨑研二、宮崎良美:古代学(奈良女子大学古代学学術研究センター), 第6号, pp.1-11
抄録: The purpose of this paper is to present some problems of the devices which we made for raising usability so that a user can create a thematic (distribution) map easily on the WebGIS-database of keyhole-shaped mound, zenpoukouenhun, in Nara Basin. We also pointed out in this paper that many database of archaeological remains and cultural property did not necessarily show the characteristic as the WebGIS database fully. When users can create easily the distribution map about various zenpoukouenhuns according to their concerns, we think that the effect invited to high order concern is expectable at the same time they deepen an understanding to the zenpoukouenhun.
URI: http://hdl.handle.net/10935/3589
出現コレクション:第6号

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10935/3589

当システムに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください