当システム
  詳細検索
Japanese | English 

Nara Women's University Digital Information Repository > 095 古代学学術研究センター > 古代学 > 第6号 >

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズ形式
AA12405683V6pp23-34.pdf32.22 MBAdobe PDF見る/開く
タイトル: 続・法隆寺伝来百萬塔をめぐる憶説
その他のタイトル: Considering the Horyuji Temple's Hyakumanto
著者: 松村, 淳子
著者(別表記) : Matsumura, Junko
著者読み: まつむら, じゅんこ
キーワード: 百萬塔; 法隆寺; 奈良時代; Hyakumanto; Horyuji Temple; Nara Period
発行日: 2014年 3月31日
出版者: 奈良女子大学古代学学術研究センター
引用: 古代学(奈良女子大学古代学学術研究センター), 第6号, pp.23-35         
抄録: In the Nara Period, Empress Regnant Shotoku (r. 765-770) commissioned one million miniature stupas to be constructed and distributed to various Buddhist temples. Currently, only stupas from the Horyuji Temple are still extant. A number of these stupas, known as Hyakumanto ("one million stupas"), bear inscriptions in ink containing the dates of manufacture and names of artisans and workshops of individual objects. Through the study of these inscriptions, we can come to a more detailed understanding of questions such as how the Hyakumanto were produced.
URI: http://hdl.handle.net/10935/3613
ISSN: 2187-4093
出現コレクション:第6号

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10935/3613

当システムに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください