当システム
  詳細検索
Japanese | English 

Nara Women's University Digital Information Repository > 095 古代学学術研究センター > 古代学 > 第6号 >

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズ形式
AA12405683V6pp35-39.pdf13.71 MBAdobe PDF見る/開く
タイトル: 質量分析による平城京跡から出土した墨に残存するウシ膠コラーゲンの同定
その他のタイトル: Identification by mass spectrometry of cow collagen remaining in an ink stick excavated from Heijo Capital Site
著者: 深草, 俊輔; 河原, 一樹 link image; 小池, 伸彦 link image; 舘野, 和己 link image; 中沢, 隆 link image
著者(別表記) : Fukakusa, Shunsuke; Kawahara, Kazuki; Koike, Nobuhiko; Tateno, Kazumi; Nakazawa, Takashi
著者読み: ふかくさ, しゅんすけ; かわはら, かずき; こいけ, のぶひこ; たての, かずみ; なかざわ, たかし
キーワード: 質量分析; 墨; 平城京; Mass spectrometry; Ink Stick; Heijokyo
発行日: 2014年 3月31日
出版者: 奈良女子大学古代学学術研究センター
引用: 古代学(奈良女子大学古代学学術研究センター), 第6号, pp.35-39
抄録: We have detected a few peptide fragments corresponding to cow type-I collagen by nano-liquid chromatography/ESI-mass spectrometry of a protein sample extracted from an ink stick of 8th century. The ink stick was found in a clay pot, which was excavated in 1977 from 5th Row Street, West 4th Ward in Heijo Capital Site. Each peptide peak detected in mass chromatogram was submitted to MS/MS analysis, followed by computational database search. The finding of cow collagen is consistent with the description of cowhide as a material of glue used to build a temple called Ishiyama-dera in "Shosoin Document" compiled in the mid 8th century.
URI: http://hdl.handle.net/10935/3614
ISSN: 2187-4093
出現コレクション:第6号

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10935/3614

当システムに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください