当システム
  詳細検索
Japanese | English 

Nara Women's University Digital Information Repository > 010 文学部 > 叙説 > 第41号 >

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズ形式
AN00118540V41pp69-84.pdf本文894.7 kBAdobe PDF見る/開く
AN00118540V41errata.pdf正誤表36.31 kBAdobe PDF見る/開く
タイトル: 熊本方言「ば」の談話における機能について
著者: 守田, 幸
著者(別表記) : Morita, Sachi
著者読み: もりた, さち
キーワード: 熊本方言; ば; 関連性理論; 発話
発行日: 2014年 3月 7日
出版者: 奈良女子大学日本アジア言語文化学会
引用: 守田幸:叙説(奈良女子大学日本アジア言語文化学会), 第41号, pp. 69-84
記述: 『叙説』41号正誤表74頁上段13行目 (誤)このとき、「ば」無しの発話は。→ (正)このとき、「ば」無しの発話は、
URI: http://hdl.handle.net/10935/3687
ISSN: 0386-359x
出現コレクション:第41号

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10935/3687

当システムに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください