当システム
  詳細検索
Japanese | English 

Nara Women's University Digital Information Repository > 095 古代学学術研究センター > 古代学 > 第5号 >

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズ形式
AA12405683V5pp49-54.pdf674.45 kBAdobe PDF見る/開く
タイトル: レバノン共和国テイールの地下墓からの分離カビ
その他のタイトル: Characteristics of Fungal isolates from the underground tombs at Tyre in Lebanon
著者: 本村, 沙織; 西山, 要一 link image; 鈴木, 孝仁 link image
著者(別表記) : Motomura, Saori; Nishiyama, Youichi; Suzuki, Takahito
著者読み: もとむら, さおり; にしやま, よういち; すずき, たかひと
キーワード: レバノン共和国; ティール; 地下墓; カビ
発行日: 2013年 3月30日
出版者: 奈良女子大学古代学学術研究センター
引用: 本村沙織・西山要一・鈴木孝仁:古代学(奈良女子大学古代学学術研究センター)第5号,pp.49-54
抄録: Fungal organisms were isolated from the two Roman underground tombs, named as T.01 at Bruj el Chamali and TJ04 at Ramali, both of which located in the suburb of Tyre city in Lebanon. Hygrophilous fungi, identified as Acremonium and Doratomyces, were dominant species in both tombs, which seemed to provide humid environments. Another notable finding was the possible intrusion of various species of Aspergillus isolated as outdoor fungi capable of adapting both warm to hot dry summers and mildly cool wet winter seasons characteristic of the Mediterranean climate.
URI: http://hdl.handle.net/10935/3693
ISSN: 2187-4093
出現コレクション:第5号

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10935/3693

当システムに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください