当システム
  詳細検索
Japanese | English 

Nara Women's University Digital Information Repository > 040 大学院人間文化研究科 > 人間文化研究科年報 > 第29号 >

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズ形式
AN10065983V29pp33-43.pdf1.55 MBAdobe PDF見る/開く
タイトル: DV被害女性は自分が「DV被害者」であるとどのように了解するのか
その他のタイトル: Self-understanding in battered women
著者: 宇治, 和子
著者(別表記) : Uji, Kazuko
著者読み: うじ, かずこ
キーワード: ドメスティック・バイオレンス; DV被害女性; 自己理解; 日本の文化的価値観
発行日: 2014年 3月31日
出版者: 奈良女子大学大学院人間文化研究科
引用: 宇治和子:人間文化研究科年報(奈良女子大学大学院人間文化研究科), 第29号, pp.33-43
抄録: This study examines the difficulties surrounding self-understanding or the ability to understand one’s own actions in Japanese battered women.To reconsider their experience as domestic violence(DV),battered women must first take steps to grasp reality and realize that DV is a crime.Such steps include the following:understanding that DV is a critical example of male superiority,verifying the possibility that DV can occur,and narrating violent experiences in terms of DV.If they do not take these steps,then it will be difficult for them to extract their DV experiences from other experiences.This is especially apparent in the light of traditional Japanese values.
URI: http://hdl.handle.net/10935/3712
ISSN: 0913-2201
出現コレクション:第29号

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10935/3712

当システムに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください