当システム
  詳細検索
Japanese | English 

Nara Women's University Digital Information Repository > 040 大学院人間文化研究科 > 人間文化研究科年報 > 第29号 >

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズ形式
AN10065983V29pp89-100.pdf1.56 MBAdobe PDF見る/開く
タイトル: ロールシャッハ・テストの色彩情動仮説と認知の個人差に関する実証研究の文献的検討
その他のタイトル: Cognitive control of emotion and hypothesis regarding color perception on the Rorschach: a study on the literature
著者: 鈴木, 千晴
著者(別表記) : Suzuki, Chiharu
著者読み: すずき, ちはる
キーワード: ロールシャッハ・テスト; ストループ干渉; 情動統制; 選択的注意
発行日: 2014年 3月31日
出版者: 奈良女子大学大学院人間文化研究科
引用: 鈴木千晴:人間文化研究科年報(奈良女子大学大学院人間文化研究科), 第29号, pp.89-100
抄録: There are limited studies that refer to the connection of emotion regulation and the hypothesis regarding color perception on the Rorschach Inkblot Method (RIM). A comprehensive review of the literature on the cognitive control of emotion suggests that immediacy and passivity of color perception described by Schachtel (l965) is linked to attentional control. Recently, numerous researchers have begun investigating the neural basis of the RIM. In addition, pareidolia and bistable perception studies of cognitive neuroscience have demonstrated empirical implications for such research. The present study explores the points of contact with neuroscience, cognitive psychology, and existing knowledge of the RIM instead of emphasizing the qualitative and idiographic aspects of the RIM.
URI: http://hdl.handle.net/10935/3716
ISSN: 0913-2201
出現コレクション:第29号

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10935/3716

当システムに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください