当システム
  詳細検索
Japanese | English 

Nara Women's University Digital Information Repository > 040 大学院人間文化研究科 > 人間文化研究科年報 > 第29号 >

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズ形式
AN10065983V29pp117-130.pdf4.47 MBAdobe PDF見る/開く
タイトル: JavaにおけるGUI画面生成法の改善
その他のタイトル: Refinement of an automatic generating system for creating Java Applet GUIs
著者: 西岡, 弘明
著者(別表記) : Nishioka, Hiroaki
著者読み: にしおか, ひろあき
キーワード: Java; GUI; Applet; Swing; GUI自動生成システム; GUI Automatic generating system
発行日: 2014年 3月31日
出版者: 奈良女子大学大学院人間文化研究科
引用: 西岡弘明:人間文化研究科年報(奈良女子大学大学院人間文化研究科), 第29号, pp. 117-130
抄録: Majority of Java Applet graphical user interfaces (GUIs) are utilized to construct user- friendly interactive dynamic web pages that overcome issues regarding differences in computer platforms. In the conventional method, creating a Java Applet GUI is time consuming since it requires debugging and modifying the Java programs. Therefore, for creating a GUI-based Java Applet, this paper proposes an automatic generating system that is also a GUI based Java application. In this process, a minimum set of GUI components are selected to construct a diagnostic type expert system (using Java Applet) that helps to create a significant portion of this GUI-based interactive system using Java Applet.
URI: http://hdl.handle.net/10935/3718
ISSN: 0913-2201
出現コレクション:第29号

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10935/3718

当システムに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください