当システム
  詳細検索
Japanese | English 

Nara Women's University Digital Information Repository > 040 大学院人間文化研究科 > 人間文化研究科年報 > 第30号 >

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズ形式
AN10065983V30pp39-56.pdf4.84 MBAdobe PDF見る/開く
タイトル: 小都市形成期(1850-1930)における教師の存在の仕方と暮らし方 ―米国中西部の同居関係と家族関係、エスニシティとジェンダー
その他のタイトル: Changing Relationships of Co-habitation, Ethnicity, Family, and Gender : Among Teachers in an American Midwest Town During the Formative Years, 1850-1930
著者: 佐野, 敏行
著者(別表記) : Sano, Toshiyuki
著者読み: さの, としゆき
キーワード: 米国中西部; 小都市形成; 教師; 同居関係; エスニシティ
発行日: 2015年 3月31日
出版者: 奈良女子大学大学院人間文化研究科
引用: 佐野敏行:人間文化研究科年報(奈良女子大学大学院人間文化研究科), 第30号, pp. 39-55
抄録: This article draws primarily on the U.S. Census' original schedules from 1850 to 1930. I examine a mid-sized American Midwest town, Riverfront City, and three townships surrounding it to understand dynamic relationships of co-habitation, places of residence, demographic changes, educational opportunities, cultural backgrounds, and family relationships among teachers as a body during the formative years of an emerging occupation in local communities. My arguments are based on ethnic and gender differences in co-habitation practices and in becoming a teacher, as well as on changes in family compositions and the inter-generational relationships in response to aging parental generations.
URI: http://hdl.handle.net/10935/3966
ISSN: 09132201
出現コレクション:第30号

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10935/3966

当システムに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください