当システム
  詳細検索
Japanese | English 

Nara Women's University Digital Information Repository > 040 大学院人間文化研究科 > 人間文化研究科年報 > 第30号 >

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズ形式
AN10065983V30pp145-159.pdf1.35 MBAdobe PDF見る/開く
タイトル: わが国における災害時の遺体に関する研究の現状
その他のタイトル: The present condition of the research on dead bodies at the time of disaster in Japan
著者: 中川, 武子
著者(別表記) : Nakagawa, Takeko
著者読み: なかがわ, たけこ
キーワード: 遺体; 災害; 文献; 遺族; 遺体安置所
発行日: 2015年 3月31日
出版者: 奈良女子大学大学院人間文化研究科
引用: 中川武子:人間文化研究科年報(奈良女子大学大学院人間文化研究科), 第30号, pp. 145-159
抄録: The purpose of this study was to survey the trend of research on dead bodies at the time of disaster in Japan. Accordingly, studies published between 1985 and 2013 were searched, and it was found that research on dead bodies at the time of disaster in Japan is very limited. Although it was clearly evident that the number of professionals and non-professionals associated with the research of dead bodies was higher during the time of peace, when compared with that at the time of a disaster, research on persons associated with research on dead bodies had been limited.
URI: http://hdl.handle.net/10935/3974
ISSN: 09132201
出現コレクション:第30号

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10935/3974

当システムに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください