当システム
  詳細検索
Japanese | English 

Nara Women's University Digital Information Repository > 101 臨床心理相談センター > 奈良女子大学心理臨床研究 > 第2号 >

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズ形式
AA12714928V11pp35-38.pdf2.16 MBAdobe PDF見る/開く
タイトル: 犯罪事件についての不安感に影響を与える要因について
著者: 岡本, 英生 link image; 松原, 英世 link image
著者(別表記) : Okamoto, Hideo; Matsubara, Hideyo
著者読み: おかもと, ひでお; まつばら, ひでよ
キーワード: 不安感; 恐怖; 犯罪不安; 共感性
発行日: 2015年 3月31日
出版者: 奈良女子大学臨床心理相談センター
引用: 奈良女子大学心理臨床研究, 第2号, pp. 35-38
抄録: 本研究では,松原・岡本(2012)の研究を再分析することで,犯罪事件を見聞きした人が抱く不安感に影響を与える要因について明らかにする。特に,犯罪事件の特徴の要因と,犯罪事件を見聞き する人の側の要因が不安感にどのように影響するかを検討する。架空の事件を大学生に提示し不安 感について評定させるとともに,共感性についても測定した。不安感の高さに影響していたのは,犯罪事件の要因としては被害者が男性であることと犯行の動機がわかりにくいことであり,調査協 力者側の要因としては,女性であることと,共感性(共感的配慮)が高いことであった。以上のことから,同じ犯罪事件であっても,それを見聞きする人の個人的な特性で,不安感の程度に違いが出ることが示された。
URI: http://hdl.handle.net/10935/4110
出現コレクション:第2号

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10935/4110

当システムに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください