当システム
  詳細検索
Japanese | English 

Nara Women's University Digital Information Repository > 095 古代学学術研究センター > 古代学 > 第7号 >

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズ形式
AA12405683V7pp1-11.pdf論文本文2.73 MBAdobe PDF見る/開く
AA12405683V7OgaTamuraAbst.pdf英語抄録等117.33 kBAdobe PDF見る/開く
タイトル: 古墳時代前期のナトロンガラス
その他のタイトル: Natron Glass in Early Kofun Period
著者: 大賀, 克彦 link image; 田村, 朋美 link image
著者(別表記) : Oga, Katsuhiko; Tamura, Tomomi
著者読み: おおが, かつひこ; たむら, ともみ
キーワード: ナトロンガラス; ガラス玉; 材質; 流通; natron glass; glass beads; chemical composition; distribution pattern
発行日: 2015年 3月31日
出版者: 奈良女子大学古代学学術研究センター
引用: 古代学(奈良女子大学古代学学術研究センター), 第7号, pp.1-11
抄録: Natron glass, which is soda glass with very few K_2O and M_gO, is unique in Mediterranean World. Natron glass is also found in ancient Japan and they are distributed mainly in 2nd century CE (the second half of the late Yayoi period and the ending Yayoi period) and in tbe first half of 5th century CE (the first half of the middle Kofun period). Natron glass found in Japan can be divided into two groups based on the chemical compositions. The bead making techniques and the distribution periods are also different between these two groups. In this study, we investigate on natron glass in early Kofun period, which is between the two main distribution periods, and discuss the transition process of chemical compositions of natron glass in Japan and the relation with archaeological issues.
URI: http://hdl.handle.net/10935/4137
ISSN: 2187-4093
出現コレクション:第7号

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10935/4137

当システムに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください