当システム
  詳細検索
Japanese | English 

Nara Women's University Digital Information Repository > 010 文学部 > 社会学論集 > 23号 >

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズ形式
AN10436699V23pp120-133.pdf525.69 kBAdobe PDF見る/開く
タイトル: ヒアリング・ヴォイシズ運動の社会学:サックス理論の現代的意義
その他のタイトル: Sociologyon Hearing Voices Movement: The Significance of Sacks’s Theory in the Current Society
著者: 中惠, 真理子
著者(別表記) : Nakae, Mariko
著者読み: なかえ, まりこ
キーワード: Hearing Voices; Sacks; a revolutionary category; the membership categorization devise
発行日: 2016年 3月 1日
出版者: 奈良女子大学社会学研究会
引用: 中惠真理子:奈良女子大学社会学論集, 第23号, pp.120-133
抄録: This paper intends to clarify the sociological significance of “ Hearing Voices ” movement concerning the concept of membership categorization device by Sacks. “Chosei” is one of the Japanesetranslationsof “Hearing Voices ” proposed by Wakio Sato , meaning “Hearing Voices” independent ofmental disease. Innovation of new word by this movement in opposing to the majority seems to be closely related to the “Hotrodder : A Revolutionary Category” by Sacks. In the present study, I would like to explain the reasons why “Chosei” is the revolutionary word in terms of the relationship with the main concept of the membership categorization devise.
URI: http://hdl.handle.net/10935/4173
ISSN: 1340-4032
出現コレクション:23号

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10935/4173

当システムに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください