当システム
  詳細検索
Japanese | English 

Nara Women's University Digital Information Repository > 040 大学院人間文化研究科 > 人間文化研究科年報 > 第31号 >

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズ形式
AN10065983_V31pp163-171.pdf1.45 MBAdobe PDF見る/開く
タイトル: [研究ノート]義捐金の分配比率をめぐって: 義捐金配分をめぐる問題: 「公正な分配」の公正さの諸局面
その他のタイトル: On the distribution ratio of donations
著者: 野田, 隆 link image
著者(別表記) : Noda, Takashi
著者読み: のだ, たかし
発行日: 2016年 3月31日
出版者: 奈良女子大学大学院人間文化研究科
引用: 野田隆:人間文化研究科年報(奈良女子大学大学院人間文化研究科), 第31号, pp. 163-171
抄録: Distributive justice has been mainly studied in distribution based on equity, equality, and need. According to these studies, the preferred criteria differ according to the social context in which the distribution is performed. There is no clear standard for distributing disaster donation because the three abovementioned criteria have been merged. In this paper, with the aid of Amartya Sen’s concept of commitment, I adopted the concept of resident taxes as the“ rules of right behavior.” In addition, I examined whether the allocation ratio to each affected category reflected the consensus of the fundraising parties.
URI: http://hdl.handle.net/10935/4218
ISSN: 09132201
出現コレクション:第31号

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10935/4218

当システムに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください