当システム
  詳細検索
Japanese | English 

Nara Women's University Digital Information Repository > 095 古代学学術研究センター > 古代学 > 第8号 >

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズ形式
AA12405683V8pp24-29.pdf論文本文4.16 MBAdobe PDF見る/開く
AA12405683V8SUZUKI_MATOBA_MIYAJIsummary.pdf英文抄録193.7 kBAdobe PDF見る/開く
タイトル: 鹿の枝角博物標本から分離されたカビ Chrysosporium xerophilum について
その他のタイトル: Xerophilic Fungus Chrysosporium xerophilum isolated from a museum specinen of deer entler: From the viewpoint of conserving cultural propeties
著者: 鈴木, 孝仁 link image; 的場, 美帆; 宮路, 淳子 link image
著者(別表記) : Suzuki, Takahito; Matoba, Miho; Miyaji, Atsuko
著者読み: すずき, たかひと; まとば, みほ; みやじ, あつこ
キーワード: カビ汚染; 鹿の角; ケラチン; コラーゲン; 漆; Fungal contamination; Antlers of deer; Keratin; Collagen; Lacquer; Chrysosporium
発行日: 2016年 3月 1日
出版者: 奈良女子大学古代学学術研究センター
引用: 鈴木孝仁、的場美帆、宮路淳子: 古代学(奈良女子大学古代学学術研究センター) 、第8号、pp.24-29
抄録: The specimen of deer entlers conserved in the Museum of Nara Women's University was found contaminated with colonies of a white fungus. Isolation and characterization on the fungus revealed to be the species of Chrysosporium xerophilum. This organism assimilated both human hair and animal glues, suggesting the risk of damaging cultural properties containing proteins of keratin and collagen.
URI: http://hdl.handle.net/10935/4231
出現コレクション:第8号

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10935/4231

当システムに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください