当システム
  詳細検索
Japanese | English 

Nara Women's University Digital Information Repository > 030 生活環境学部 > スポーツ科学研究 > 第18巻 >

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズ形式
AA11436921V18pp79-86.pdf432.96 kBAdobe PDF見る/開く
タイトル: <研究資料>中学校体育のマット運動における「表現運動」の取り組み
その他のタイトル: <Research Materials>Practice about "expressive movements" in the practice of mat exercise for physical education in junior High school
著者: 大高, 千明; 中川, 雅子
著者(別表記) : Ohtaka, Chiaki; Nakagawa, Masako
著者読み: おおたか, ちあき; なかがわ, まさこ
キーワード: Physical education in junior high school; mat experience; ability of cordination; expressive activity; 中学校体育; マット運動; 調整力; 表現運動
発行日: 2016年 3月31日
出版者: 奈良女子大学生活環境学部スポーツ健康科学コース
引用: 大高千明, 中川雅子:奈良女子大学スポーツ科学研究, 第18巻, pp. 79-86
抄録: 中学校保健体育の学習指導要領では,「運動の楽しさや喜びを味わうとともに運動技能を高めること」が第一の目標とされており,生涯を見据えて,運動の楽しさや喜びを体験することが非常に大切であるといえる.しかしながら,器械運動の一つであるマット運動は,一般的に「できる–できない」がはっきりみえてしまう種目であることから,運動に対する苦手意識を持ちやすいことが考えられる. 本稿では,マット運動の単元において,グループでの表現運動(集団演技)を取り入れ,自分の動きを仲間や音楽に合わせて調節することをテーマとし,技が出来ない生徒が持つマット運動の苦手意識を和らげ「運動の楽しさや喜びを味わう」こと,自分の動きを仲間や音楽に合わせて調節するという「運動技能を高め」,「運動の達成感(有能感)を味わう」ことを目標に,技の習得に留まらない授業実践を報告した.
URI: http://hdl.handle.net/10935/4244
ISSN: 13449885
出現コレクション:第18巻

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10935/4244

当システムに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください