当システム
  詳細検索
Japanese | English 

Nara Women's University Digital Information Repository > 030 生活環境学部 > 学外刊行物(生活環境学部) > 雑誌 >

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズ形式
AN00268860V86N7pp466-468.pdf476.34 kBAdobe PDF見る/開く
タイトル: 利用者の視力に応じた必要輝度の予測方法 : 利用者の最大視力と視力比曲線を用いて(やさしい照明技術)
その他のタイトル: Evaluation Method of the Background Luminance of Visual Objects Taking Account of User's Visual Acuity : by Use of the Maximum Level of Individual Visual Acuity and the Curve of Visual Acuity Ratio(Easy Lighting Technology)
著者: 井上, 容子
著者(別表記) : Inoue, Yoko
著者読み: いのうえ, ようこ
キーワード: 生活視力; 必要輝度
発行日: 2002年 7月 1日
出版者: 一般社団法人照明学会
引用: 井上容子:照明学会誌, Vol.86, No.7, pp.466-468
記述: この論文の著作権は照明学会が有する。
URI: http://hdl.handle.net/10935/4373
ISSN: 0019-2341
出現コレクション:雑誌

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10935/4373

当システムに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください