当システム
  詳細検索
Japanese | English 

Nara Women's University Digital Information Repository > 030 生活環境学部 > 学外刊行物(生活環境学部) > 雑誌 >

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズ形式
AA11830377V590pp17-22.pdf961.69 kBAdobe PDF見る/開く
タイトル: 住宅居室の採光満足度に関する研究
その他のタイトル: A STUDY OF SATISFACTION WITH DAYLIGHTING OF ROOM OF HOUSING
著者: 宗方, 淳 link image; 平手, 小太郎 link image; 井上, 容子 link image; 大井, 尚行 link image; 佐藤, 隆二 link image
著者(別表記) : MUNAKATA, Jun; HIRATE, Kotaroh; INOUE, Yoko; OI, Naoyuki; SATOH, Ryuji
著者読み: むなかた, じゅん; ひらて, こたろう; いのうえ, ようこ; おおい, なおゆき; さとう, りゅうじ
キーワード: Satisfaction with daylighting; Questionaire Survey; Type of Housing; Type of room; Difference among Regions; 採光満足度; アンケート調査; 住宅タイプ; 室タイプ; 地域差
発行日: 2005年 4月30日
出版者: 一般社団法人日本建築学会
引用: 宗方淳, 平手小太郎, 井上容子, 大井尚之, 佐藤隆二:日本建築学会環境系論文集, 第590号, pp.17-22
抄録: This study is to investigate the relation between resident's satisfaction with daylighting of room and several characteristics of windows that offer daylighting to the room. Data of a little less than one thousand housings were gathered and subjective impression on the satisfaction with daylighting were evaluated by residents. The result show that, when the type of housing or room, height of the housing and the region of the housing differ, the subjective satisfaction in the daylight through window of the same opening ratio to the area or the room area can be different. And windows on the wall of different direction are evaluated in different way. Because it can not be denied that the sampling way of this data is biased, further research on this issue is required to make a standard of window size of housing.
記述: 本文データは一般社団法人日本建築学会の許諾に基づきCiNiiから複製したものである
URI: http://hdl.handle.net/10935/4377
ISSN: 1348-0685
出現コレクション:雑誌

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10935/4377

当システムに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください