当システム
  詳細検索
Japanese | English 

Nara Women's University Digital Information Repository > 030 生活環境学部 > 学外刊行物(生活環境学部) > 雑誌 >

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズ形式
AN00268860V92N9pp645-649.pdf625.29 kBAdobe PDF見る/開く
タイトル: 有彩色光照明の生理的・心理的影響(<特集>防犯照明と青色光照明)
その他のタイトル: The Influence of Lighting by Used Chromatic Light on Physiological and Psychological Responses(<Special Issue>Lighting for Crime Prevention and Lighting of Blue Light)
著者: 久保, 博子 link image; 井上, 容子 link image
著者(別表記) : Kubo, Hiroko; Inoue, Youko
著者読み: くぼ, ひろこ; いのうえ, ようこ
キーワード: chromatic light; lighting; physiological responses; subjective evaluation; 有彩色光; 照明; 生理反応; 主観評価
発行日: 2008年 9月 1日
出版者: 一般社団法人照明学会
引用: 久保博子, 井上容子: 照明学会誌, Vol. 92, No. 9, pp. 645-649, 2008-09-01
抄録: To clarify the influence on human under having chromatic light, lighting we carried out a series of experiment that the 8 college-age females exposed to 10 lighting conditions which consist of 5 colors of chromatic light and two levels illuminance during 60 minutes. The subjects were measured physiological and psychological responses. As a result, the influence of the illuminance and chromatic light was admitted in the impression evaluations and the tiredness feeling evaluations, however there is no significant influence on each physiological measurements.
記述: この論文の著作権は照明学会が有する。
URI: http://hdl.handle.net/10935/4380
ISSN: 0019-2341
出現コレクション:雑誌

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10935/4380

当システムに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください