当システム
  詳細検索
Japanese | English 

Nara Women's University Digital Information Repository > 030 生活環境学部 > 学外刊行物(生活環境学部) > 雑誌 >

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズ形式
AN00268860V90N4pp203-208.pdf819.82 kBAdobe PDF見る/開く
タイトル: 人の目の順応に配慮した非常時用照明 : 暗順応過渡過程における輝度差弁別閾値の時間特性に基づいた点灯方式(<特集>防災・非常時用照明のこれから)
その他のタイトル: The Emergency Lighting Considering the Adaptation of the Eye : The Lighting System Based on the Time Characteristic of the Luminance Difference Threshold in Dark Adaptation Transient Process(<Special Issue>Future of Disaster Prevention and Emergency Lighting)
著者: 井上, 容子 link image; 岩井, 彌
著者(別表記) : Inoue, Youko; Iwai, Wataru
著者読み: いのうえ, ようこ; いわい, わたる
キーワード: emergency lighting; time characteristic; dark adaptation; luminance difference threshold; visual acuity; age; 非常用照明; 時間特性; 暗順応; 輝度差弁別閾値; 視力; 年齢
発行日: 2006年 4月 1日
出版者: 一般社団法人照明学会
引用: 井上容子, 岩井彌:照明学会誌, Vol.90 No.4, pp.203-208
抄録: In order to avoid the lowering of the visibility with the rapid decrease of visual field luminance in the power cut with emergency lighting, the new lighting system for considering the adaptation condition of human eyes was proposed. And the effectiveness of the new system was verified based on measurement results of visibility recovery time. Subjects were 9 younger persons of 20 from 40-year-old's and 9 elder persons 70 from 80-year-old's. The recovery time of visual acuity remarkably shortened by introducing the new system. Especially the system was effective for elder persons, low visual acuity persons and to obtain high visibility.
記述: この論文の著作権は照明学会が有する。
URI: http://hdl.handle.net/10935/4385
ISSN: 0019-2341
出現コレクション:雑誌

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10935/4385

当システムに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください